歯周病治療

歯周病の恐ろしさ

 歯周病は、歯を支えている歯槽骨が徐々に破壊されていって、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。
 現在、日本人の80%以上の方が歯周病であるとされています。

 歯周病は、成人された方には認識を持って気を付けていただきたいのです。
 その理由は、歯周病は早期発見が非常に難しいということ。
 初期段階ではほぼ自覚症状がなく、違和感を持った頃には末期状態になってしまっていることがほとんどです。

 定期的なメンテナンスをお受けいただき、早期発見・早期治療ができれば改善できますので、正しい認識を持って歯周病を予防していくことが大切になります。

歯周病と全身疾患の関係性

 近年、歯周病と全身疾患には深い関わりがあるとわかってきました。
 ここでは、歯周病がもたらす全身の健康への影響をご紹介いたします。

狭心症・心筋梗塞

 歯周病原因菌の刺激によって動脈硬化を誘導する物質が分泌され、それが血管内にプラークをつくります。
 そうすると、血液の通りが悪くなり心筋に血液が行き届かなくなります。
 この病気は死に至ることもあります。

糖尿病

 歯周病と最も関係性が示唆されている病気です。
 以前から、歯周病は糖尿病の合併症であるとされていましたが、近年さらに、歯周病が糖尿病の症状を悪化させるということも明らかになってきました。
 反対に、歯周病治療をすることで糖尿病も改善されるのです。

低体重児早産

 妊娠中に歯周病にかかっていると、歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に感染してしまう危険性があるとされています。
 それが原因となり、低体重児および早産の可能性が高くなることが指摘されているのです。

骨粗しょう症

 骨粗しょう症の方は、エストロゲンが欠乏しています。
 エストロゲンの分泌が減少すると、全身の骨がもろくなります。そうすると、歯を支える歯槽骨も同様に、もろくなってしまうのです。
 したがって、骨粗しょう症が歯周病を引き起こす可能性が高いのです。

当院の歯周病治療

歯のクリーニング

 歯周病の原因となる歯に付着した汚れを、専用の機器を使用して除去していきます。歯磨きでは取り切れない汚れもキレイに取り除くことができます。

歯周外科

 歯周病が進行してしまった場合、歯ぐきを切開して歯周ポケットの深い部分までキレイにする手術を行うことがあります。
 手術では、破壊された骨や歯肉の形の改善や、再発予防のための歯肉の改善を行うこともできるのです。
 また、さらに進行している症状の場合は、歯周組織を回復させるための手術も行います。

ブラシング指導

 歯周病を防ぐためには、毎日ご自宅でしっかりと歯磨きをしていただくことが大切になります。
 しかし、その際には正しいブラシングができている必要があります。
 当院では、しっかりと歯磨きができるよう、正しいブラシング方法の指導も行っています。

tel_bn_spimg.jpg
スタッフブログ

新着情報

一覧へ >
2016/12/27
年末年始の休診のお知らせ
2014/12/17NEW
サイトをリニューアルしました。
あなたの街のいい歯医者さん